まちえんの活動記録

machien2.exblog.jp

<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

08 12月12日まちえんカフェ@ゾロ目の日

今回のまちえんカフェは、これまで、企画内容を温めていただいた市民の方々から「商店街を元気にするサポーターとしての活動企画提案」を発表していただきました。企画の発表後、参加者の皆さんや商店街の皆さんと実施に向け、いろいろと議論しました。

(1)活動企画提案1 「相模舞台同盟(芝居にこだわった市民活動組織)」
3月頃をメドに、小田原商人をモデルにした舞台劇の脚本を書き上げ、ほっとファイブタウン(5商店街のネットワーク組織)」が実施している活性化イベントと連携し、3区の公民館(緑一番商店街内)を会場に演じたいと考えている。とのことでした。
f0119860_16563932.jpg

(2)活動企画提案2 「シニアリーダーズクラブ(小田原市のオーシャン・クルーズのOBOGを中心に組織された若手市民組織)」
まだ企画検討の段階であるが、2009年1月(未定)から毎週1回の「FMおだわら」の番組枠内で、以前、テレビで放映していた「隣の晩ご飯突撃レポート」のような商店街の突撃レポートを実施し、商人や買物客の生の声をFM電波で多くの人に届けたい。とのことでした。
f0119860_1656255.jpg

(3)活動企画提案3「小田原やんべぇ倶楽部(街なかの歳時記を大切にした活性化にこだわる市民活動組織) 」
「正月の小田原流門松の再現」に合わせて、「小田原流門松の入った絵手紙」を募集し、商店街のギャラリーで展示する企画を実施する。とのことでした。近日中に、ポスト広告とタウンニュースで募集を開始するそうです。また、「3月の小田原雛の道中イベント」では、「雛の道中」をテーマにした写真を募集し、同様に商店街のギャラリーで展示する企画を実施する。とのことでした。具体的に実施な実施日は、次のとおりとのことです。
①「小田原流門松の入った絵手紙」の募集
 ・募集要領 「小田原流門松」の入った絵手紙(葉書サイズ)
 ・募集期間 12 月28 日(日)から1 月13 日(火)
②「小田原流門松の入った絵手紙」の展示
 ・展示期間  2 月12 日(木)から2 月24 日(火)
 ・展示場所 「ツノダ画廊 」(小田原銀座商店会)2 月12 日(木)~17 日(火)
         「女性プラザ」(お堀端商店街) 2 月19 日(木)~24 日(火)
③「小田原雛の道中写真」の募集
 ・募集要領「雛の道中」をテーマにした写真
 ・募集期間 2 月21 日(土)から2 月26 日(木)
④「小田原雛の道中写真」の展示
 ・展示場所 「ツノダ画廊 」(小田原銀座商店会) 3 月5 日(木)~10 日(火)
         「女性プラザ」(お堀端商店街)3 月12 日(木)~17 日(火)
f0119860_16564990.jpg


また、
その後、まちえんカフェ1111で講師として柏原さんを招き、検討した「ライムチェアプロジェクト」の今後の進め方も検討しました。現在、緑一番商店街の平井義人さん(平井書店)が中心となって、3つのライムチェアー今治市の商店街で制作の実物による里親実験を事前に実施中との報告がありました。会場の皆さんと、どんなコンセプトで実施するのか?ライム色が小田原にふさわしい色かどうか?里親はどうするのか?ペンキ塗りの実施時期が寒いのではないか?3つのライムチェアーの実験結果を待ったほうが良いのではないか?など、1時間以上の濃密な意見交換の場となりました。
その結果、会場の皆さんの総論としては「柏原さんプロデュースによるライムチェア・プロジェクト(小田原ライムチェアー)を社会実験として、とりあえず、やってみてから考えよう!」ということでした。今後、詳細な実施スケジュールを煮詰めていきたいと思います。
[PR]
by machien2 | 2008-12-12 16:20