まちえんの活動記録

machien2.exblog.jp

<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

08 8月8日まちえんカフェ@ゾロ目

2008年度のまちえんカフェのテーマは「元気がなくなりつつある小田原駅周辺の商店街をもっと元気にするためには、どうしたら良いかを皆さんと一緒に考えること」です。
神奈川県とまちえんは、Jリーグを盛り上げているサポーターシステムのように、いろいろな方に商店街のサポーターになってもらったら、商店街に元気を取り戻せるのではないかと考え、2008年度共同で事業に取組むことにしました。名付けて「商店街にぎわいサポーター・プロジェクト」です。
今回のまちえんカフェでは、このプロジェクトについて、商店街などから最新情報の報告を受け、今後の進め方を会場の皆さんと議論しました。

●商店街などから、これまでの経過などの最新情報を報告してもらいました。
(1)ほっとファイブタウン(5商店街のネットワーク組織)からの情報
★エレファン(映画上映にこだわった市民活動組織)に対して、映写会場となり得る「3区公民館」を案内した。
★相模舞台同盟(芝居にこだわった市民活動組織)からは、「3区公民館」を利用したコミュニティシアターの企画書を待っています。
★2ヶ月毎に定例で開催している「街なかコンサート」の運営サポーターが欲しいと考えています。

(2)銀座通り商店街からの情報
★街なみ再発見展の子供バージョンのような企画を検討したいと思う。
★小田原やんべぇ倶楽部(街なかの活性化にこだわる市民活動組織)の雛の道中との連携ができないだろうか。
★子育て支援に関するニーズ調査を実施できないだろうか。

(3)お堀端商店街振興組合からの情報
★商店街のイベント毎にサポーターを募集したいと考えています。
★7月の七夕前後に女性プラザで市民活動を実施している「紙ヒコーキ」(絵手紙の市民活動組織)がサポーターとして参加し、「七夕・絵手紙展」をお堀端通りの女性プラザ内で開催した。
★今後、歴史的建物を活用した「着物でまち歩き」、「日本茶教室」などのイベントを開催予定です。

(4)二宮さんからの情報
★銀座通りの大工町交差点付近で開催していた「不動市」を再現した「子供のための縁日」をサポーターと一緒に開催できないだろうか。

●会場の皆さんと、今後の進め方を検討しました。Jリーグのサッカーチームを支えるサポーターは、そのサッカーチームを愛し、強くしたいと望んで、自らできることでチームを支えています。
同様に、商店街のサポーターも、商店街の課題を知り、商店街を元気にしようと自ら考えない限り、商店街を支えないのではないだろうかとの意見が出された。
つまり、サポーターが商店街を理解してこそ、真のサポーターになっていくという考え方です。
そこで、サポーターに商店街のありのままを見てもらい、商店街を元気にする戦略を一緒に考える「商店街のまち歩き調査」を開催することにした。名付けて「中心商店街まち歩き調査」の開催です。

小田原まちづくり応援団は、それぞれの商店街と相談の上、この調査を早急に実施しようと考えています。

★その後、9月14日に実施することになりました★
[PR]
by machien2 | 2008-08-08 18:36