まちえんの活動記録

machien2.exblog.jp

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

07 0325県・相模湾沿岸魅力向上シンポジウム

3月25日(日)に茅ヶ崎で開催されました「相模湾沿岸魅力向上シンポジウム」に参加してきまし。
シンポジウムは、今年度活動を行った5つの団体の発表の後、パネルディスカッションが行われました。5団体のうち2年連続で活動しているのはまちえんだけでした。

●小田原検定(まち歩き)では、パワーポイントを使って会場の参加者に検定を体験してもらいましたが、この取り組みが相模湾沿岸に広まることを期待したいと思います。

●茅ヶ崎市商店街連合会では、大型店(ジャスコ)の出店に対抗するため、持続可能な循環型社会を目指した商店街システム作りを進めているとの報告がありました。
リターナブル瓶による「茅ヶ崎リターナブルワイン」の開発や自転車が利用しやすいまちづくりを目指したレンタサイクルやツアーの実施、「made in chigasaki 自転車」の開発などを大学や企業などとも協力し進めているそうです。

●大磯では、ガイドボランティア協会が別荘と史跡を対象にしたまち歩きとワークショップの報告がありました。会員数は36名だそうですが、自主企画ガイドや講演会等も実施していて、活発に活動しているようでした。

神奈川県では、この取り組みを進めていくそうですので、今後の動向に注目です。
[PR]
by machien2 | 2007-03-25 15:35

07 3月17日「下河辺さんを囲む会2007」に参加

まちえんメンバーが、小田原市政策総合研究所所長の後藤春彦さん、、山崎さん(まちえん関西支部長)、田口さん(まちえん日本海支部長)が関わった「下河辺さんを囲む会2007」に参加しました。
日時 2007年3月17日
場所 早稲田大学理工学部

f0119860_1336351.jpg


第1部でお話くださった松代の香山さんです。第1部では、北海道の東川さ、岩手の土澤、隠岐の海士町、そして長野の松代といった、鈴木輝隆先生推奨の「元気なまち」が紹介されました。

 写真甲子園で知られる東川では、美しい風景を守りながら、新たに育ててゆくために、マイホームやアパートの建設助成にまで踏み込んで、定住者を少しでも増やそうとする努力が実を結びつつあるとのこと。無味乾燥な婚姻届や出生届などをアルバムに仕立てて送るなど、「記憶に残る人生が送れるまち」が育まれているようでした。

 街かど美術館 アート@つちざわを展開する土澤。萬鐵五郎が生まれ、その美術館もある町で、2005年から町全体をギャラリーに見立てたイベントが行なわれています。日曜には1日50人しか通らない商店街などを舞台にしながら、1か月1万人以上を集めてしまったイベントです。合併でどんどんおおきくなる自治体とは別の次元、幼い頃からともに育ってきた仲間と手を結べば、町を少しでも変えられるという手ごたえを感じました。 

 エコール・ド・まつしろを進める松代は、最近まちえんも取り組みはじめた遊学――遊んで学ぶ大人の学校を、かなりのハイレベルで実践しているところです。産業化の波に取り残されたことで逆に今、徳川時代の遺産が輝きはじめているとのこと。たとえば雛祭りでも、旅行パックを組み、手拭などのグッズもつくると、徹底して「遊学産業」の可能性を掘り下げていました。TMOや文化財制度といった国の施策をふくめ、もてる手段を総動員して「遺産」に投資を集中する判断と合意が、おおきな役割を果しているように感じました。

 そして隠岐の海士町。町長のもと人口減と財政難に悩む町が一丸となって、島に残された遺産をいかにして資源化するか、今まで松阪牛の元牛になっていたものを隠岐牛としてブランド化する、そこでは塩害のもとだった潮風をも逆手にとってブランド化にいかす。。。一橋大学の学生を取り込んだり、上海のマーケットに乗り込んだり、あえてグローバル化の荒波に船出しながら、町の未来を切り拓こうとしているようです。
f0119860_13372333.jpg


第2部はいよいよ、下河辺淳さんとの禅問答。前回の封印談義から10年ということ以上に、2000年前後から明らかになってきている、地球温暖化と一部先進工業国での人口減少を、「宇宙現象」として位置づけるとどうなるか、という視点が示されました。下河辺さんはこの二つの現象は無関係ではなく、人間意識が少し変わったからといってどうなるものではない、と大きな問題提起をされました。

同時にそれはネガティブにばかり考える必要もないと下河辺さんは言います。なぜならたとえば日本で21世紀人口減少が続いたとしても、それは19世紀の徳川時代の水準に戻ることであって、20世紀の爆発的な人口増こそが高度経済成長の時代であり、またその負の遺産で今悩みが深いとすれば、人口減はそれを解決する糸口になりうるというのです。

その意味で下河辺さんは、これからの少なくとも20年を担ってゆく、現在の30代が何を考えているのか、深く聞き出したいと切り出されました。

f0119860_1336567.jpg


こうした下河辺さんの問題提起を受けて討論したのが、封印談義に参加した3人。写真の小布施の市村さん、内子の岡田さん、そして湯布院の中谷さんでした。3人からは下河辺さんのおおきな問題に対する補助線がいくつか示されました。

ひとつが、まづ自分の足許に、しっかり知に足をつけよう、という視点です。たとえば中谷さんはそれを集落であり家族であると。その足許の価値は20世紀音を立てて崩壊してしまったが、人間がただ存在するだけで価値を与えられるのは、実はこの足許でしかない、そこで充実した生を送れることこそが幸福の源泉であると、強調していました。

もうひとつが、アメリカや東京を介さない世界とのつながりです。市村さんはたとえばそれを、量ではなく質によって価値を共有できるつながりだと言っていました。量的な視点からみれば、ものすごく非効率な山間地域の産物も、質でいえばどうか。水、農のもの、どれも別な価値を生むし、またそれを認める人びとは、世界的な広がりでみれば決して少なくないと。

最後に下河辺さんから、「地域」ではなく「国」という意識のススメがなされました。地域というと中央・東京との関係がつねに意識される。現に東京に集中しているのは、職業分類でみるとマスメディアとエンターテインメントだけで、そうしたメディアによって、地域像もまたグローバル社会のイメージもつくられている。しかし今求められている「宇宙現象」という視点、1000年単位でモノをみる視点からすれば、こうしたイメージや、あるいは東京という存在、近代100年のさまざまなシステムは、相当相対化される。

そのとき浮かび上がってくる、たとえば徳川時代について考えると、人びとは自分の住みかを「地域」ではなく「国」と考えていた。今日のこの日のような会も「お国自慢」の会であって、中枢の幕府やメディアは、それらを集めて人びとにまたフィードバックする、そういうシステムが存在していた。

「国」では「地域」とちがって、そこに住むひとりひとりが、何を考え、何をするのかが、問題になってくる。そうした意識こそ、今の30代のひとりひとりに求められている。30代が全体でどうかということではなく、同世代や上の世代をすべて否定するような、はねっかえりの30代のひとりひとりが考えればいいし、そして行動してほしいと、若い人びとにエールを送られていました。

f0119860_16585260.jpg


第3部の司会をする田口さん。第2部で大先輩を前にテーブルを仕切られていた山崎さん。お疲れさまでした。

エールを送られた30代の一人としてひとつだけ。今この宇宙に生きることを意識したとき、手がかりにしている言葉があります。メキシコの社会学者イヴァン・イリイチの言葉。
――Joyful Sobriety and Liberating Austerity歓びに満ちた節制と解放する禁欲
これを彼は共に生きることConviviality(Conは共にVivreは生きること)の作法だと言っています。節制することそのものが歓びであり、禁欲することで逆に世界が広がる生き方。それは遠い夢でも理想でもなく、下河辺さんのいう宇宙現象の今を本当にみすえたとき、自ずと導かれる生であると。

小田原での千年蔵構想も、その手がかりをつかんでいると信じています。「なりわい」はその手がかりのひとつだと想います。こうした考え方に出逢えた自分の風土とそこに生きる人びと、そして研究所から応援団のみなさんにあらためて感謝するとともに、これをどうカタチにして、そして後の世に伝えてゆくのか、自分なりに考え、ひとつづつ残してゆくつもりです。
[PR]
by machien2 | 2007-03-17 13:33

07 まちえんカフェ@ゾロ目の日0303

f0119860_294017.jpg
今回のまちえんカフェは、小田原市の条例で「街づくりプロデューサー第1号」に認定された「小田原銀座商店会会長の角田克宏さん」をゲストスピーカーとしてお呼びし、銀座メインストリートでのまちづくりの動きをお聞きしました。
●まず、最初に近年5年間における主な出来事を説明していただきました。
①商店会事務所である銀座情報プラザに「小田原まちづくり応援団準備会」が拠点を1年間設置したこと。
②引き続いて、銀座情報プラザに、小田原市の補助金を導入し「レンタルボックス」を常設したこと。
③空き店舗に、城東高校、城北高校、吉田島農林高校の高校生パワーで「高校生のチャレンジショップ」を開設したこと。
④そして、これら一連の成果によって、小田原銀座商店会が総務大臣表彰を受けたことなどなど。
●次に、現在進行中の「銀座メインストリート」の出来事を説明していただきました。
①電線類地中化工事が始まったこと。
②自治会長から、街づくりプロデューサーに推薦され、小田原市から認定されたこと。
③1年かけて、銀座メインストリートの「ストリートコンセプト」をつくっていること。
④銀座メインストリート全体をひとつの商店と認識し、商店街の枠を越え「銀座ワンストリート調査」に取り組んだこと。
などです。
会場の皆さんとの議論では、街づくりプロデューサーの仕組みが作られた経過が良くわからない。具体的に何をプロデュースするのか。自治会と複数の商店街が協力し合い、具体的な事業を総合的に推進していることに刺激を受けた。などの意見が出されました。

本日の料理は、会場を提供いただいた「寿庵」の小そば4種椀と雛なちらし寿司(八起の季節特別メニュー)のセットでした。美味でした。ご馳走様。
f0119860_29306.jpg
f0119860_29493.jpg
f0119860_21059.jpg

[PR]
by machien2 | 2007-03-03 02:08