まちえんの活動記録

machien2.exblog.jp

<   2004年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

04 10月29日 千代中学校3年生総合学習報告会

千代中学校の石田先生から、3年生の総合学習で「小田原のまちづくり」をテーマに勉強してきたグループの成果をまちえんのメンバーに聞いてのほしいとの要請があり、報告会を開きました。なお、「まちえん」のことは、Web上で生徒自身が探したそうです。

小田原市立千代中学校ホームページはこちら

(石崎理事の感想)
 発表したのは、千代中学3年生の女子3組(3人グループが一組、あとは1人づつ)小田原のまちづくりについて、祭や、文化、伝統工芸、特産品を軸にまちづくりを、というアプローチで調査、研究していました。
↑京都・奈良への修学旅行での体験が強烈だったようです。
 
 一部抽象的で、具体性に欠ける発表もありましたが、皆インターネットなどで各地のまちづくり活動をよく調査して、その上で、小田原ではこうしたら?こんなイベントがあったらおもしろい、わたしだったらこうする!と発表していたのが印象的でした。
 中でも面白かったのが、「白秋なりきり童話コンテスト」「小田原ちょうちんをバトンがわりにしたリレーのある体育祭」「時代衣装を着て写真を撮る写真館」「観光キャッチコピーの公募」…といった企画でした。
 ただ、全体的に、ネット上で得た知識や、アタマの中で考えた企画なのかなぁ、と思える内容が多かったようで、聞いてみると、まち博を知らない、とかいう子もいました。まち歩きをしたりすると、もっといい発表ができるんでは?というのが私の感想です。
 
(小早川副理事長の感想)
 千代中の3年生がまじめにまちづくりを考えて発表する姿は未来の小田原を想像できてうれしく思いました。この心を忘れないでいてほしいと思いました。
 彼女たちは緑、海、空気、よそには無い小田原らしさにに安らぎを感じるといっていました。大都会の機能的な部分やビル郡は疲れてしまうとも言っていました。
 高校、社会人、と経験をつんでいくうちに薄れていく純真さをうらやましくも思いました。ふるさと小田原の発展を願う彼女たちの提案を一つでも実現できたら素敵な経験になると思います。
 石綿さんの小田原伝統産業の匠のすごさを味わう会などやってみたい提案です。また、小田原よいとこアピール映像、ガイドなども中学生の目で見たものを実現化したいですね。

千代中学校の皆さんのレポートはこちら
[PR]
by machien2 | 2004-10-29 02:08

04 まちえんカフェ@ゾロ目1012

今回のまちえんカフェはいつもとは違い、たくさんのプロジェクトを紹介していただくかたちになりました。
 最初のプロジェクトは、小田原市都市計画課の「おだわらの彩り考え隊」です。これは小田原らしい風情のある市街地をよみがえらせてゆくために、取りかかりやすい方法として、建築物などの色彩のコントロールを考えてゆこう、という取組みだそうです。今年度は、専門家を中心としたまちあるきといった調査を行なって、その成果を広く関係者で共有するところまで、そして次年度には、望ましい風情をよみがえらせる実験を、さらにその先には、新しい条例の制定を、という長期的な展望で考えられています。今年のまちあるきは、台風の影響で11月にあらためて行なうということです。すでに東海大学杉本研究室による、色彩コントロールのシミュレーションもできあがっているようで、ほんの少し看板の大きさや色調を変えるなどするだけで、通りの趣がずいぶん違ってくるということでした。フロアからは、落ち着いた色合いの町でこそ、落ち着いた暮らしが営めるのでは、とか、まちの色合いはたとえば祭りの半纏のといった色などからもわかるのでは、といった声が、実生活の体験から出されていました。
 2つ目のプロジェクトは、小田原市政策総合研究所の「地域助け合いシステム・マル徳」でした。昨年の「徳」をひきついで、今回はさらに使い勝手をよくする工夫がなされていました。1つは券と封筒を一体化して、券の方に活用実績を書き込めるようになったということです。もう1つは団体参加が容易になって、さらに個別の団体でも1000徳=1時間のレートでマル徳兌換券を発行できるとのことでした。実際、NPO法人「みかんの花咲く丘」では「徳みかん」を近く使いはじめるそうです。来年度以降はコーディネータ機能を、研究所事務局から市民活動ベースに移管したいとのことで、今回は、どれだけ裾野を広げられるかを目標にしてやってゆくとのことでした。フロアからは、市民活動に働きかける際に、たんにニーズを吸い上げるだけでなくて、ニーズに応えることによって、どんどん浸透してゆくのでは、などといった提案が出されていました。 3つ目のプロジェクトは、小田原おでん会による「第2回小田原おでん祭り」(10月16・17日)です。昨年の第1回の反省をふまえ、今回はネタも煮込み具合も凝りに凝って、本物の小田原おでんの味を堪能してもらいたいという趣旨でした。ちくわやはんぺんはもとより、卵や大根、さらにダシの鰹節や鶏がらまで、できるだけ小田原の逸品で、という点にこだわったとのこと。結果、今回は限定1000食(2日で)しか用意できないので、午前11時開始からできるだけ早く来ていただきたいというお話でした。また小田原おでんファン倶楽部の会員も同時に募集しながら、今後、専門に小田原おでんを扱う店の裾野を広げる計画だそうです。
 このほかにも、「小田原の酒蔵を活かす会」や「ミニコミえん」、「みかんの花咲く丘」などからもインフォメーションがありました。また、筑波大学の三重野暁寛さんが卒論執筆のための取材に、まちえんカフェを訪れてくれました。
[PR]
by machien2 | 2004-10-12 02:17